レビュー

評点

総合評価: 9
明瞭性:  9
応用性:  9
情報の価値8.5

動画を見た感想

YouTubeにて投資本紹介チャンネルを運営されているタザキ氏の動画を紹介する。

この本「投資の大原則」は私の本棚にもある本で、米国インデックス投資がいかに素晴らしい投資方法かを説いている本でタザキ氏の動画でも紹介されている。

投資で成功を考えている人には是非観てほしい動画であるが、短期間(1年から3年)で億り人を夢見てる人には向いていない動画だ。

そもそも短期間で数倍のリターンを望む投資商品はリスクもその分大きく万人には推奨できない。

この動画の中では、タザキ氏が読んだ感想に「再現性があり、文書も大変読みやすく投資の本質がこの本にある」と高く評価している。

私自身も前にこの本を読んだ事があるが、老後の生活資金を計画的に準備しておきたいと考えてる金融リテラシーの高い人に最適の動画内容だと思う。

長期的な投資では複利効果が極めて重要であり、この複利効果を最大限発揮出来るのが米国インデックス投資だと解説している。

動画の評点に関しては、情報自体の価値が高いのはもちろんだが、明瞭性や応用性(再現性)も高い。

投資経験が浅い人やチャートなどのテクニカル分析が苦手な人にも、このインデックス投資が一番効率が良い事が理解できる。

ただし、インデックス投資の唯一のデメリットといえるのが、「時間が掛かって結果が出るまで退屈」ということになる。

投資の勉強に時間を掛ける時間が少ないの人にとってはインデックス投資は最高の投資法だが、もう少し刺激がほしい人はインデックス投資をメインとし、サブ運用として個別株などにチャレンジする事もアリだと解説している。

もし、投資方法に迷いが生じている人がいるのであれば、まずはこのインデックス投資法を軸に考えれば、多くの場合はうまくいくだろう。

コロナショック後の株価の急回復で初心者の方たちにレバレッジETF(上場投資信託)が急速に普及しているが、私自身はレバレッジ商品は手を出したことがない。

多くの人に堅実な投資方法をアドバイスする機会があるとするならば、私は間違いなく米国のSP500インデックス投資(レバレッジ無し)を薦める。

この動画で分かること

  1. 10年20年スパンで米国株インデックスに積み立てていけば、複利効果を最大限発揮して大きく富を増やせる
  2. 誰でもできる確実性の高い投資法がわかる
  3. 年齢によって株式と債券の比率を調整するのが良い

動画の要約

複利効果

複利効果は雪だるまをイメージすると分かりやすい。

最初はとても小さいボールで大きくなるのは時間が掛かるが、大きくなればなるほど大きくなるスピードが高くなる。

時間を掛ければ掛けるほど複利効果が大きくなっていく。だからこそ長期投資が最も万人に適した投資法なのである。

72の法則

複利効果で資産が2倍になる金利と年数の関係を表現した法則である。

  • 72÷2(%)=36年
  • 72÷3(%)=24年
  • 72÷4(%)=18年
  • 72÷5(%)=14.4年
  • 72÷6(%)=12年

例えば年利6%で運用した場合、12年で元本が倍になるということ。

動画の中で単利と複利の違いも解説している。

    インデックスファンドのメリット

    • 税金や経費(コスト)が安い
    • 多くのアクティブファンドに勝てる
    • 市場よりも賢いものはない
    • 自動的な再投資設定が可能

    インデックス投資は時間がない人や、投資経験が少ない人にも最適な投資方法であり、毎月一定額を積み立てていく「ドルコスト平均法」で長期間積み立てていけば、ほとんどの人が得をする事になる。

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事